買ってから後悔したダブルベッド

メニュー

最新記事

トップページ > 買ってから後悔したダブルベッド

買ってから後悔したダブルベッド

私は3年前に結婚をして、新居での生活をスタートさせました。
そのときに買ったダブルベッドを、シングルベッドにすればよかったと、今さらながらとても後悔しているんです。

まず、ダブルベッドのシーツ替えがとても面倒だということです。
敷きパッドとシーツ、掛け布団のシーツと、とにかく大きいのでベッドメイキングが大変なんですね。
掛け布団のシーツはズレないように、布団とシーツを何ヵ所か繋ぎ止めるのですが、シーツに潜って四苦八苦しています。
もう一人、誰かの手を借りれたらスムーズなんでしょうけど、旦那が帰宅してからやるのも面倒ですしね。

そしてダブルサイズのシーツは種類が少なくて、好きな柄があまりないことも後悔の要因です。
お値段が高くてもいいなら選べるかもしれませんが、出来れば家計に優しいものがいい。
が、圧倒的にシングルサイズの方が種類が豊富だと思います。

あとはシングルベッドを2つにしておけば、後から寝室を分けることも可能です。
ベッドはよく考えて買っておけばよかったです。