ダブルベッドにしなくて良かった事

メニュー

最新記事

トップページ > ダブルベッドにしなくて良かった事

ダブルベッドにしなくて良かった事

結婚時に新居の寝室にベッドを置くことになりました。
私は寝室の部屋が6畳と狭いのでダブルベッドを購入したほうが良いと考えていました。
しかし主人はシングルベッドを2つ置きたいと言いました。
理由は主人が寝相が悪いのでダブルベッドだと狭い事と、一人の布団で寝たいということでした。
お互い納得がいかず喧嘩もしましたが、主人は一歩も譲らず、結局私が折れて主人の希望通り寝室にはシングルベッドを2つ並べて置くことになりました。
実際に生活してみると、シングルベッドを2つ置いた事で寝室は狭くなってしまいましたが、お互い寝返りなどを気にせずにぐっすり眠れるので良かったです。
また私のほうが寝る時間が遅いのですが、ベッドに入るときに主人を起こさないよう気を使わなくて済むのも良かったです。
また、何より良かったのが私は暑がりで主人は寒がりなのですが、季節に応じて毛布などを自分の好みに合わせて使用出来るので快適に寝ることが出来ています。
今では主人の言うとおりベッドを2つ購入して良かったと思っています。