ベッドの上で遊んでいたら怪我をした体験談

メニュー

最新記事

トップページ > ベッドの上で遊んでいたら怪我をした体験談

ベッドの上で遊んでいたら怪我をした体験談

もう二十数年前になりますが、当時幼稚園児だった私が体験した話です。

当時布団で両親と寝ていた私は、祖父母の部屋にあるベッドが大好きでした。
頭側に物を置ける棚が付いていて、非常に弾力性の高い分厚いズプリング式のマットが付いている物で、子供にとってはトランポリンの様に使うことで格好のオモチャとして楽しめたのです。
祖父母や両親からは禁止されていたのですが、目を盗んでこっそり一歳上の姉と一緒にトランポリンごっこをして遊んでいました。

ところが、とある日の夕食後、家族にバレないように祖父母の部屋に行き、姉とトランポリンごっこに興じていた所、跳ねている最中に姉がふざけて私の体を押したのです。
私は空中でバランスを崩し、頭側にあった棚に頭から激突、流血騒ぎとなり、父に救急病院に連れて行かれ、おでこの生え際の部分を7針縫う羽目になり、今でも傷が残っています。

今の時代、ベッドも進化してリスクは減っているとは思いますが、子供がいる家庭はこんな事故も起こるので充分注意してあげてくださいね。